J-AIRの新機材、E190の導入路線・機内・座席まとめ

どうもどうも。期末テストが近いため、あまり更新できてません。ごめんなさい。
一応生きています。テスト前半戦が終わったので久々の更新です。



新機材の導入が目を引く2016年のJALグループ機材。
今回は日本の航空会社で初導入となるJ-AIRのE190型機についてまとめました。


1-2の座席配置のクラスJや全席本革電源付きシートなど特筆すべき点が多いE190。
MRJ90導入への繋ぎ導入説もあるE190。今後の活躍に期待です。(機体だけに期待MAXです)



J-AIRが新たに導入するE190
E190.jpg
日本の航空会社初導入のE190。既にJ-AIRが保有しているE170の長胴型(+6.3m)。


スポンサードリンク





e190a.jpg
この大きさの機材初のクラスJ、PC電源、全席本革シートなど快適な機内間違いなし。



・座席表(シートマップ)

seate190.jpg
クラスJ15席、普通席80席の計95席仕様。1-2配置のクラスJが特徴的。


JAL初の1-2配置のクラスJ。
隣の人に気を使う必要なく通路に出ることが可能な1人席。1人で搭乗する人にとっては嬉しい配置。


ちなみに1-2配置の座席といえばJACのSAAB340Bがあります。
1人席は気分的にもすごく楽です。




1.jpg
J-AIR路線初のクラスJ。ますます利用機会が増えそうだ。


ついにJ-AIR路線でも導入!!
クラスJ利用可能路線・機材が増えるのは嬉しい。



・クラスJのシート

classj.jpg
従来機のクラスJとはややデザインが異なるE190のクラスJ。素材は本革。


従来機のクラスJでは未装備だったPC電源がE190では装備される。
(ひじ掛け下部周辺)




2.jpg
全席に個人電源を装備。スマホの充電が出来るのは嬉しい。



・個人電源

concent.jpg
110[V]・60[Hz]の個人電源が全席に。家庭用コンセントとほぼ同規格。


他社の個人電源を例に取ると、3席に電源が2つなど「共同使用」といった感じの所もあります。
その点E190の電源は全席なので他人に気を使うことなく使用可能なのが嬉しいですね。




3.jpg
最近主流の革製シート。素材は本革。


手入れが楽、高級感の演出などで最近利用する航空会社が多い革製シート。
LCCでも手入れの容易さから革製シートを装備している所がほとんど。

E190のシートは全席本革
座り心地、触り心地の良さは間違いなしです。



・普通席

seat_201601210141579a4.jpg
普通席も本革製の黒色シート。




4.jpg
E170と共通の機内デザインのE190。小型機なのに広々とした機内は意外と快適。


画像を見る限りだと、E170型機にも本革シートの導入が進んでいるようですね。



・導入路線
2016年5月10日より大阪(伊丹)=鹿児島にて就航予定。

2016年7・8月からは大阪(伊丹)=福岡・仙台にも就航予定。




RACのQ400CC、JTAのB737-800、そしてJ-AIRのE190。
2016年はJALグループの新機材から目が離せません。


1-2配置のクラスJ、全席装備の個人電源、本革シート。
リージョナルジェットといえども、快適さは大型機と変わりませんね。

関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だいこんAX

Author:だいこんAX
飛行機好きな大学生です。

毎日まったーり生きてます。

飛行機は主に乗り派。

搭乗した時の感想や旅行・趣味についてまったりと書いていきます。

みなさんよろしくお願いします!
⇒もっと詳しく

最新記事
カテゴリ
JAL (9)
ANA (3)
FDA (2)
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
人気ブログランキング
応援クリックお願いします!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク