E7系新幹線乗車記@長野駅から東京駅へ

夏休みも終わりに近づき最後の思い出作りをしようと思い、新幹線で長野駅から東京駅まで行ってきました。

東京へ行くのは正直な所高速バスでも良かったのですが、時間がかかる上に狭い・疲れるなどのマイナスポイントも多いので今回は奮発して新幹線で行きました。

まぁせっかくE7系が運行してることだし人生1度は乗らないとね(^v^)


6:03長野駅発の「あさま500号」に乗車するために駅へ。
駅に到着し運賃の7,680円を払っていざ構内へ!大学生にとってこの出費は若干痛い!

6:03長野駅出発で7:40東京駅到着ですたったの100分で長野と東京を結びます。早い!!


1.長野駅にて
長野駅
183系と115系の姿が見えます。
どちらも数年後には引退してしまうのでしょうか。国鉄時代の名残があって個人的には好きな電車です。

特に115系にはよくお世話になりました。211系に置き換わってしまうのは悲しい(+_+)


スポンサードリンク





今回乗車するE7系
E7系
電車を撮影していると、乗車するE7系が入線してきました!
新品ということもありピッカピカです。

やはり生で見ないとこの美しさはわかりません。

駅構内
ホームの様子
早朝の便ということもあり、乗客もまばらです。
それにしても新幹線って長いなぁ

電光掲示板
車体の電光掲示板
LEDが使用されているためカメラで撮影すると画像のようになってしまいます。
生で見るとちゃんと表示されています。

カラー表示でわかりやすいです。

車体
車体のE7のプリント
かっこいいです

2.車内にて
車内
車内を前方に向かって撮影
新品ということもあり、車内は新車のようなにおいがします。

赤のシートと白色の天井で清潔感があっていいですね。
通路も広くてイイ!

車内
車内を後方に向かって撮影
シートの背が高いので画像のように他人の顔も隠れてしまいます。

シート配列は2-3なので複数人でも1人でも座る場所に困りそうにないです。

座席
座席前面
テーブルも広そうです。
東海道新幹線の青いシートと違って紅いシートも新鮮でいいね。

座席
座席を横から撮影
第一印象としてはちょっと座席と窓の位置がずれているのが気になりました。

でも、シートを倒したら窓の位置もちょうどいい場所になりました。

シートポケット
シートポケット
車内誌が入っています。飲み物ホルダーももちろん完備。

足元はかなり広いです。スーツケースを足元に置けそうな雰囲気。

座席間隔
座席間隔を上から撮影
画像のようにかなり広いです。

飛行機のシートの間隔とくらべて5倍程度広いんじゃないでしょうか(笑)

コンセント
コンセント
窓際の席用のコンセントが壁に設置してあります。
隣の席は前席の足元中央に設置してありました。

スマホとかも充電できますね

座席
座席を倒した所
座席をフルで倒してみました。
倒すと画像のように窓の位置もちょうどいい場所になります。

前席の座席をフルで倒されても、私の座席はほとんど狭いと感じることはありませんでした。
そのくらい広いです。

長野駅
長野駅出発!
いよいよ東京に向けて長野駅出発です!

スマホ
窓際にはスマホを置くことが出来る棚があります。
窓際の席にはちょっとした棚があるのでスマホのようなものを置くことが出来ます。
サイズもぴったりでした。



途中駅を経由して東京まで向かいます。
高崎へ行くまではトンネルが多かったです。さすが長野県。

長野から大宮までは時速275kmで運転してました。
さすが日本の技術力、揺れがほとんどない!これには感動です。

残念ながら大宮からは時速130km程度で運転でした。
新幹線に乗ってるのだからもう少し速いスピードを感じたかったなぁ。

そして新幹線通勤・通学の人が多い。高崎から大宮まで乗る人もいれば大宮から東京まで乗る人も。
自分も新幹線通学してみたいです。


座席
東京駅到着!
あっという間に東京駅に到着しました。

通路側のシートが倒れてますが、シートを倒されてもまだまだ後ろに余裕があることがわかります。



感動続きの100分間でした。また乗りたいです!
関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だいこんAX

Author:だいこんAX
飛行機好きな大学生です。

毎日まったーり生きてます。

飛行機は主に乗り派。

搭乗した時の感想や旅行・趣味についてまったりと書いていきます。

みなさんよろしくお願いします!
⇒もっと詳しく

最新記事
カテゴリ
JAL (9)
ANA (2)
FDA (2)
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
人気ブログランキング
応援クリックお願いします!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク