JALの国内線用B777-200の窓なし席まとめ

今年もボジョレーヌーボーが解禁されましたね。試しに買ってみました。
2016年の出来は「爽やかさと味わい深さのバランスが素晴らしい」らしいです。結局今年もベタ褒めやん(^_^;)


そんな訳で今回はJALのB777-200の窓なし席特集です。

空調用ダクトの配置の関係上、窓をふさぐ形で生じてしまう窓なし席。
座席表に注記されているため、よっぽどの物好き以外は指定しないであろう窓なし席。

座席指定でがっかりしないためにまとめてみましたよ。


DSC_0145.jpg
JALのB777-200(JA771J)ワンワ―ルド塗装。国内線主要路線のメイン機材。


スポンサードリンク





窓なし席は主に3箇所


JALのB777-200の窓なし席は3箇所存在する。(左右で6箇所)

2箇所は空調用ダクトによるもの、1箇所は非常口座席ゆえの配置によるものである。


飛行機における窓なし席はさまざまな要因で生まれてしまうが、主に空調用ダクトによるものが多い。
機内の空調は主にエンジンで圧縮・加熱された空気と、冷たい外気を混合したものを使用して適切な温度を維持している。
機内の空気は天井から足元のグリル部へ流れ、数分で機内の空気すべてが入れ替わるように換気されている。
したがって、空気を機内へ送り込むには、構造上ダクトを壁に通す必要がある。
そこで生まれてしまったのが今回のテーマである「窓なし席」という訳で。


事前座席指定時に窓なし席はブロックされている or 選択した場合でも忠告画面が表示されるため、まず座ることはないだろう。
(一部のコアな窓なし座席ファンを除く)


W15.jpg
B777-200の座席表。窓なし席は座席表上にに注記されている。
この場合、15番、25番、45番席が該当。


窓なし席のメリット
・壁にもたれかかれる
・謎のプライベート感
・空調ダクトに空気が流れている感じを間近に体感できる

窓なし席のデメリット
・景色が見えない
・壁の圧迫感
・日差しが当たらない


DSC_0483.jpg
B777-200の窓なし席(機外)
翼付近の窓なし15番、25番席は空調ダクトによるもの。



15番席(A or K)

15.jpg
15番A席、15番K席に該当する窓なし席。クラスJ区画最後部座席。



DSC_0733.jpg
15番A, 15番K席(画像はK席)



25番席(A or K)

25.jpg
25番A席、25番K席に該当する窓なし席。普通席・翼中央部。



DSC_0731.jpg
25番A, 25番K席(画像はK席)



45番席(A or K)

45.jpg
45番A席、45番K席に該当する窓なし席。普通席・非常口座席。



DSC_0728.jpg
45番A, 45番K席(画像はK席)
ドアの配置上窓がない非常口座席。それと引き換えに足元の広さはファーストクラス級。

窓なし席ではあるが非常口自体には細長い窓があるため、シートベルトサインオフ時は自由に景色を眺められる。



以上、JALの国内線B777-200の窓なし席をまとめてみました。

座席指定時は窓なし席に注意したいものです。
よっぽど満席時でなければ割り振られないとは思いますが(^_^;)

「あぁ~空気が通ってるなぁ~」といった感じを味わいたい方はどうぞ。


それにしても、最近の機体は窓なし席が減少傾向にありますね。これも技術進化か。

関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だいこんAX

Author:だいこんAX
飛行機好きな大学生です。

毎日まったーり生きてます。

飛行機は主に乗り派。

搭乗した時の感想や旅行・趣味についてまったりと書いていきます。

みなさんよろしくお願いします!
⇒もっと詳しく

最新記事
カテゴリ
JAL (9)
ANA (3)
FDA (2)
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
人気ブログランキング
応援クリックお願いします!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク